幼少期の思い出は大事


小学生幼少期の思い出やエピソードが多い子供は、自分が大事にされていたことが証明されていますので、その後の発達や成長にも様々な良い面は発揮できるようになります。そのため、園での思い出が凝縮されている卒園アルバムは、とても大切な宝物となるでしょう。また、そのまま同じ小学校へ進学するパターンが多い地域の幼稚園や保育園の場合には、小さな時から良く知っている子が多いことでの安心感が大きく、スムーズに学校での生活がスタートできます。園で同じ時間を過ごしたことが億分かる卒園アルバムは、その後子供がどのように成長するのかが理解しやすくなります。

園での時間を思い出すことができる卒園アルバムは、中には良いことや楽しいことばかりではないかもしれません。保護者と離れて生活する時間を初めて経験する保育園や幼稚園は、子供によっては苦痛でしかないこともあります。しかし、そのような苦い思い出も自分が頑張って乗り越えたことの証明になる卒園アルバムは、その存在自体が園児の成長を後押しするものとなります。子供が中学生や高校生など、園にいた時よりも更に大きくなった時に、保護者がこっそり楽しむことができるアイテムでもありますので、存在する価値や必要性があります。

関連リンク《https://www.n-pri.jp/photobook/tips/tips35
卒園アルバム作成情報について記載しているSHIMAUMA PRINTです。