子供の頃は写真が多い


子供デジタルカメラやビデオカメラ、スマートフォンなど、最近は様々な手段で写真や動画を撮影して記念に残せるようになっています。そのため、昔の子供以上に写真や動画に子供が残っている可能性が高く、またその素材を様々な形に加工できる便利な世の中になっています。そのため、自宅での写真撮影だけでなく、園でも比較的普段から写真を撮影して、その時の思い出を写真に残している場合が多くあります。例えば、新しい作品を作っている時の様子やプール遊びの様子など、園の関係者しか撮影できない貴重なものも多いでしょう。また、子供自身も撮影されることに慣れていて、とても良い表情をするとされています。

年齢が高くなるにつれて写真撮影を嫌がる子供が多くなってきますが、保育園児や幼稚園児の場合には、喜んで写真撮影に協力してくれます。その結果、沢山の写真が掲載できる卒園アルバムが完成できますので、せっかくなら保護者にも見てもらおうと考える園側の気持ちが大きいようです。卒園アルバムの写真は、アルバム用とそうでないもの両方が楽しめますので、その時々に表れる子供の表情の違いを満喫できます。喜んで写真撮影に応じてくれる可愛い時期を無駄にすることなく、卒園アルバムに大いに活用するのが最適です。

次ページ…幼少期の思い出は大事